知って得する!便利な食宅配をはじめるあなたに最初に知ってほしい注意点!

>

食宅配を利用する際のルール

ネットスーパーの安全性

実店舗のあるネットスーパーは、食品の生産量を確保し、価格の安定性を図るため最低限の農薬、化学肥料の使用をしていますが、人体へ害を及ぼす基準量は国の基準を守っています。
輸入品に関しても、国産食品と輸入食品を適正に組み合わせることで、低価格での商品供給と、欠品商品を極力防止することや、万が一欠品商品が出たとしても入荷時間を最短にすることで、安定した消費者への提供を可能にしています。
品質としては、実店舗の有無に関係なく食品管理基準をクリヤーした企業を拠点にしているため、入荷量の安定に伴い、卸業者から良質な食材が入荷しやすい経路になっています。

また、別の角度からの安全性を考えるなら、ネットスーパーは、街中にあるスーパーを拠点にしている点で、実際に陳列されている商品を実際に自身の手に取って食品の確認ができるという点で、消費者にとって安心材料と言えるでしょう。



食材宅配、料理宅配の安全性

食材宅配は、価格よりも食品の個別性を重視し、生産方法にこだわり出荷する宅配です。
国の基準の他にも、JAS法などに基づき独自の基準を設け、農薬、化学肥料は一切使用しないか、必要な場合も最小限の使用にとどめています。
合わせて、残留農薬量や栽培方法を消費者に分かりやすく公開し、原則、合成着色料、保存料を使用せず、天然食材のおいしさを届けられるように努めています。
当然、手間をかけ栽培過程での経費がかさむため、料金は割高になっていますが、それを理解したうえで、現代の健康志向に乗って需要が高まっているのは事実です。
料理宅配は、栄養士監修のもと、栄養バランスを考えた献立の提供を心がけています。
消費者の個別メニューへの要望に応え商品に反映するなど、糖尿病の栄養管理や、独居高齢者の体調管理のサポートの対応があり、栄養バランスを重視する消費者にあった宅配といえるでしょう。


この記事をシェアする